教えないScratch教室

【 from scratch 別館 】小学生のプログラミングについて、実践からの学びを語ります。時々、脱線もします。

偶然webで見つけた、赤星さんという起業家さん

webで調べモノをしていたら、肩に力の入っていない、すごい人を発見しました。

(私の勝手なイメージですが・・・)

 

f:id:nan-cod:20160407214135p:plain

 http://akahoshitakuya.com/about より引用

 

気になって、この赤星氏がご自身で公開されている情報をいろいろ見てみました。

起業するぞ!っていう感じが全然なくて、自然体でサイトを開設し、自然と起業した・・・

そんな感じを受けました。

 

2014年9月に読書メーターというサービスを運営する会社ごと、㈱ドワンゴに売却し、今はちょっと次の展開を考え中のご様子です。

その休憩中のお仕事としても、スタートアップサロンと称して、「自分が欲しいと思うインターネットサービスを3ヶ月で作ろう!」という会を運営されているようです。

自分が欲しいと思うモノを作る・・・このコンセプトも、すごく良いじゃないですか?

個人的に、この考え方は大好きです。

 

スタートアップサロンへの勧誘の文章も、気負いのない、優しい文章で、赤星氏のお人柄が伝わってきます。

 

私は現在48歳ですが、私と同年代の人達の起業というと「やるぞーー!!」みたいに気合が入った感じ満載です。

でも、ご紹介した赤星氏の起業は、それとは別世界で、ふわり(いい意味です!)とした柔らかさを感じます。

(多分、ふわりと見える水面下では、ものすごい努力をされているとは思うのですが・・・)

 

私は小学生にプログラミングを教える活動(from scratch 及び Scratch教室)をしていますが、その趣旨は、こうした赤星氏のような起業家さんが輩出できると良いなーという思いもあります。

その意味で、赤星氏のような「ふわり」感をまといながら、大きな成果を出されている起業家さんを目の当たりにすると、なんか良いなーと思います。

 

おしまい。

 

【2016年4月8日追記】

この記事を書いた後、赤星氏にfacebookで友人承認を頂きました。

小学生にプログラミングの初歩を教えるというコンセプト(Scratch教室)にも、賛意を頂きました。嬉しい。

www.fromzero.club