教えないScratch教室

【 from scratch 別館 】小学生のプログラミングについて、実践からの学びを語ります。時々、脱線もします。

Scratchがキッカケで、英語にも興味が湧くかも?

www.youtube.com

 

Scratchに限らず、プログラミングを習いたいと思うと、時々英語に遭遇します。

プログラミングに関しては、どうしても英語の情報が豊富だからです。

ちょっと調べ始めると、英語の文献に遭遇したりします。

私も最初はそれが億劫でした。

でも、今はインターネットで自動翻訳もあります。

辞書を引かなくても、ちょっとした単語なら、すぐにググれます。

プログラマーの方たちは、結構、英語に堪能な方も多いです。

 

子供は大人よりさらに順応力が高いので、Scratchをやっているうちに、あなたのお子さんが自然と英語を読めたり、話せたりできるようになっているかも知れませんよ。

そんなキッカケになるかもしれない動画をご紹介します。

 

Scratch Programming という、youtube動画たちです。

作者はAl Sweigart さん。

("Automate the Boring Stuff with Python: Practical Programming for Total Beginners"って本の著者さん)

私、全く面識もありません。

 

しかし、20コ前後のScratch作品の作り方を解説するyoutube動画が秀逸なのです。

当然解説は英語ですが、ある程度Scratchの使い方をマスターした後なら、言葉がわからなくても結構イケそうです。

 

くれぐれも申し上げておきますが、ある程度Scratchの使い方を分かった頃に、お子さんに教えてあげてくださいね。

最初からこの動画でScratchを勉強させると、消化不良を起して、Scratch嫌いになっちゃうかもです。