教えないScratch教室

【 from scratch 別館 】小学生のプログラミングについて、実践からの学びを語ります。時々、脱線もします。

男の子は数字を操り、女の子はデザインを操る

私達のScratch教室は、小学生を対象としていることはお話しましたね。
そして、一度作成出来た作品を「改造」しながら、操作を憶えてもらうのだということもお話しました。
この改造の際に、一般的傾向として、男の子と女の子で改造の方向性に違いが見られて興味深いです。
本日はそんなことを書きます。

 

1) 男の子の改造 →数字を変える

2) 女の子の改造 → デザイン、見た目を変更する

 

Scratchで一旦出来た見本を改造する際に、男の子が真っ先に変更するのは、まず動くキャラクター(Scratchではスプライトと言います)の大きさを変えることが多いです。
それも馬鹿デカくしたりします。
それから、動きがある場合には、スピードを早くしたり、遅くしたりします。要するに、数字をいじるということですね。
ロジカルなことは左脳が得意と言われているようですから、男の子は左脳派なのでしょうか?

f:id:nan-cod:20160213102540p:plain

 

 

対して、女の子はデザインを変えたがります。
例えば、背景を可愛くするとか、先ほどのスプライトをカワイイデザインのキャラクターに変更するとかが一般的な傾向です。
これは右脳が発達しているのでしょうか?

f:id:nan-cod:20160213102200p:plain

 

 

それこそ、32回もScratch教室を開催していますが、毎回同じような傾向を男女ともに示します。
最初は偶然かと思っていたのですが、毎回そうなので、小さい時から脳の発達って男女差があるのかな?と最近思うようになりました。

あなたのお子さんはどうでしょうかね?
機会がありましたら、一度お試しあれ。

 

こちらもどうぞ。

fromzero.club